【薄毛改善の真髄】髪の毛を増やす体質を造る!薄毛でもう悩まない

TOBI
前回の記事では、何を食べたら良いのか?を紹介しましたね。今回の記事では、STEP.2:アクションプランを練るで、伝えきれなかった、食べる量はどうしたらいいのか?と、ファスティングをとりいれた方法を紹介します。
つまり、STEP.2:アクションプランを練る・vol.2ということになります。

???
ちょっと待ちな。今回の記事から私も参加するよ♪

TOBI
…………………!!(無視)

その前に、ファスティングという言葉がでてきましたが、ご存知でしょうか?知っているよ♪って読者の方はスルーしてくださいね。

なにそれ!初めて聞いたよ!って想う方は言葉の意味を理解していると、記事の内容がスッと入ってくると思うので今から伝えることを、覚えておいてくださいね。

???
こら~~私を無視するな~!ほんと日本って国はいつもこうなのかい!(ブツブツ…)

TOBI
………あの~誰でしょうか?

セシル
お~やっと聞くになったかい。私はな、セシルというものさ。遥々遠い国からわけあって、あんたを尋ねて来たのさ。

TOBI
わけあって僕を尋ねてきた!?

セシル
お~そうさ。あんた日本で、薄毛改善情報を発信しているんだろ?(苦笑:)

TOBI
はい、そうですけど…何か問題でも?

セシル
hahaha…(笑)何か問題でもだと?大アリだね!!実は、日本に住んでいる友人の一人が薄毛に悩んでいてな、どうにかして、薄毛を改善したいらしいんだけど、ネットで検索しても、なかなか自分が納得いくような情報に辿りつけないみたいなんだ。そこで、私に相談が来たってわけさ。

TOBI
はぁ…(で、なんで僕なんだ?)

セシル
でだ、あんたに目をつけた理由は、あんた最近だろ?Wordpressに記事をアップし始めたの。どうせなら、最初から観てやろうと思ってな。薄毛情報業界は、カオス化しているとも耳にするし、実際、私の国でも、いろいろと問題を抱えている………
あと、日本という国に、昔から興味があったからさ(笑)

TOBI
そっ、そうですか。

セシル
お~そんな感じだから、これからよろしくなTOBI。それとわからないことが、あったらドンドン質問していくからさ。読者の方に質の良い情報をお届けするのも、私の努めである。

TOBI
あっ、わかりました!(情報お届けするのは、セシルじゃなく僕なんだけど…)

こうして僕の、サイトの中にセシルが突如現れたのです。


セシル
では、早速質問しよう。さっき途中でファスティングの説明をやめただろ?あまり読者さんを待たせては、いけないものだ。ファスティングとはなんなのさ?

TOBI
………(説明をやめた?読者さんを待たせてはいけない?いやいや全部あんたのせいなんですけど…)
あっ!そうですね。大変お待たせしてしまいました。では、続きを紹介していきます。

ファスティングというのは、一言でいうと断食という意味なんです。
これを、普段の習慣にとりいれることで、体質を替える確率を格段に上げってしまおうよ。ってわけなんですね♪


メンインコンテンツの中で、体質が替わる期間を約1週間と紹介しているのには、こういう理由があったわけなんです。

それと、前回の内容どんなんだっけなー?と想っている読者さんは、関連記事を読んでみてね。

【薄毛改善の真髄】日本一シンプルで究極のアクションプラン

2019年8月4日

ではでは、本題にまいりましょう。

(※ファスティング期間から体質が替わるには個人差による場合があります。)

食べる量はどうしたらいいのか?

基本的には、脂質やタンパク質を、お腹が一杯になるまで食べてください。つまり、普段のおかずだけで、お腹を満たすということです。

それは、炭水化物などの糖質をカットした分のエネルギー量を脂質やタンパク質で補う必要があるからです。

というのも、精製された炭水化物は、確かに糖質過剰摂取の原因にもなりますが、僕らのカラダは炭水化物をエネルギーとしているのも事実です。

だから、3大栄養素の1つに炭水化物が入っているわけなんですね。

つまり、3大栄養素の1つがかけるということは、体がうまく機能しない原因にも繋がってしまいます。

ただ、あまりにも現代人は、炭水化物に頼りすぎてしまった結果、ほとんどの人は、気づかない内に糖質をメインエネルギーとして使っている可能性があり、糖質型体質になっている恐れがあります。

でも…


その体質では、薄毛を改善することは、非常に難しいとも言えるのです!!
なにも、僕はずっと炭水化物を食べてはいけないと、言っているわけではありません。体質が替わる期間だけ、我慢しようってことです。

体質さえ替えてしまえば、多少、暴飲暴食をしたり、炭水化物を食べたりしても、意外に元の糖質型体質に戻りにくいものなんです。


それは、本来僕らのメイン活動エネルギーは脂質であると、遺伝子に記憶されているからです♪

だから、炭水化物を摂取しないことは、あくまでも糖質型エネルギー体質から、脂質型エネルギー体質に替えることであって、糖質制限ダイエットをするわけではないんですね。

だけど、炭水化物を抜く変わりに、しっかりと脂質やタンパク質で補うことです。

たまに、いるんですね!炭水化物だけ抜きゃいいと思っている人。特にダイエットしている人は気をつけてくださいね。

たとえば、糖質制限ダイエットをしている人にありがちな失敗は、糖質をカットすることだけに夢中になり、
糖質で活動していたところの活動エネルギーを補うことを忘れている、もしくは知らないがために、低血糖や栄養失調という問題が起きてしまいます。

せっかく、ダイエットにがんばって取り組んでいるのに、このような問題を抱えてしまうと、本末転倒になってしまいます。

そこで、脂質とタンパク質の食べ方ですが、過度に栄養バランスを考えた食事とか気にしなくてもいいです。

肉食べたから、次は魚で、魚食べたから、次は肉と魚と野菜をバランスよく…みたいなことですね。

目的は、体質を替えることであって、栄養バランスを重視した食事をするわけではありません。
つまり、肉だけを2日連続で食べようが、魚だけを3日連続で食べようが問題ありません。

ただし、お腹いっぱいに食べることです!となると、自然にサラダ類とか大豆類とかもろもろ、入ってくると思うので、結果的に案外バランスいいじゃんってなります♪

セシル
ふ~ん、なるほどなるほど。はい、次行くよ。

TOBI
………

ファスティングとは?

冒頭でも少し触れましたが、ファスティングとは「断食」の意味です。
しかし、ファスティングの方法は、2つ存在します。

それが…

ファスティングをする方法

・1:完全な断食

・2:間接的な断食

と、このようなことです。

1つ目の「完全な断食」については、なんとなくイメージがつくと思います。これは、3日間食べないと決めたら、水、以外はなにも口にしないという方法です。

では、2つ目の「間接的な断食」とはなんなのか?これは、“自分の意志”で食べることを節制するという方法です。

つまり、数時間、食べないと決めたら食べない。

昼食、もしくは夕食しか食べないと決めたらそれ以外の時間帯は食べない。と、こんな具合に自分で、断食する期間、時間を決めてしまうということです。

そこで僕は、この間接的な断食をとりいれることをオススメしています。現代では誘惑が多すぎて、何も口にしないっということは、非常に難しい選択だと僕は思います。

そんな状況下で、決意したとしても中々続けることは難しいと思いますし、何日も完全な断食を一般の方が、そうそうできるようなものじゃありません。正直、僕も無理です。

ボクサーとか減量があるスポーツをしている人なら、話は違いますが…

セシル
なるほどね。理屈的には、だいたい理解したよ。でもさ、それって飢餓状態を自分で作り出すってことなのか?

TOBI
いや、飢餓とはまったく異なります。飢餓とは、こちらの意志に関係なく食べ物が不足している状態を表すことです。つまり、飢餓状態にある人は、次にいつ食べられるかわからない状態のことをいいます。

セシル
なるほど。(ほう…TOBIの奴め少しは楽しめそうだな…)
でもよ、ファスティングをすると栄養失調になってしまう、心配がでてくるんじゃねぇのか?そもそも、食の回数を制限するってことだろ?

TOBI
そう来ましたか(苦笑:)栄養失調になる心配をする必要はありませんね。これは次の見出しで紹介しようと、思っていましたが、少し触れておきましょう。

セシル
ほう~では、聞かしてもらおうか。

まず、ほとんどの人は、カラダの中に栄養を蓄えておける貯蔵機能をもっています。これが理由その

次に、ファスティングについては、いろんな研究がされていて、長期による研究でも栄養失調や微量栄養素の不足などのエビデンスは発見されていません。これが理由その

次に、328日間マルチビタミンだけを摂取するという、ファスティングの研究が行われたが、患者の健康には何も害はなく、それどころか、この患者はファスティングの全期間にわたって、とても体調がよかったと報告されています。これが理由その

TOBI
詳しくは、次の見出しで後述します。それに、何もファスティングが、体に良いとされている説は、今に始まったわけではありません。ファスティングには、長い歴史があり、歴史上に名を残した数々の人物たちも推奨していたほどです。

セシル
歴史上に名を残した人物たちも!?それは、どのような、人達なのさ?

TOBI
たとえば…

歴史上の偉人

・医学の父・ヒポクラテス
(※具合が悪い時に食べると、もっと具合が悪くなるものだ、という言葉を残している。)

・古代ギリシャの著述家・プルタルコス
(※今日は薬を飲まずに、ファスティングをしたほうがいいだろう)

・プラトン

・アリストテレス

・毒物学の祖・パラケルスス
(※ファスティングは最も優れた治療法だ、体内を内側から治すものである)

・アメリカ建国の父のひとり・ベンジャミン・フランクリン
(※最良の薬は、休息とファスティングである)

TOBI
と、このような人物たちですね。

セシル
へ~!!あのジジィ達の…!!(汗)
いやいや、一度は、名を聞いたことがある人物ばかりだな。(あぶねぇあぶねぇ!しかし、あの人達がやっていたことを、現代でもやっているものが、いるとはね。長生きしてみるもんだねぇ)

TOBI
今、あのジジィ達のって言ったような気が…

セシル
hahaha…OKOK。ファスティングについては理解できたよ。
で、あるんだろ?読者の人が、具体的なプランを組むうえで指標になるものがさ。

TOBI
もちろんです。ただし、これはあくまでも僕の場合です。ですので、参考画像を元に、自分に合う取り組みやすいプランを立てることが大事です。

7日間の「間接的なファスティング」

まず、僕の例を紹介します。


大事なのは食事の間隔です。

理由は、何も食べなくなってからしか体内のブドウ糖(グルコース)が減少しないからです。グルコースが減少しないと、グリコーゲンが燃えませんし、グリコーゲンが燃えないと体脂肪が燃えません。

TOBI
これが、先ほど紹介したファスティングをしても、栄養失調にならない仕組みです。というのも、僕らのカラダは2段構えで、栄養を蓄えておくことができ、脂肪に至っては、カラダが必要とする栄養の量を十分に賄うことができるエネルギー量が、蓄えられているんですね。

※詳しくはpart2のほうで説明しています。

【薄毛改善の真髄】脂質型エネルギーにシフトする方法

2019年7月25日

セシル
ほう、そうなのかい。では、私は一度part2の記事を覗いてくるとしよう。

TOBI
待て!記事を全部読んで来たんじゃないのか?

セシル
hahaha…(笑)まったく読んでいないのだ。

TOBI
……………

セシル
では、行って参ります。

TOBI
(もう、帰ってこなくていいぞ…)それでは続きを紹介しますね。

食事の間隔は、24時間以上が理想です。それは、24時間経つとグルコースが激減することが確認されているからなんです。

これを、1日起きにとりいれます。
(※僕の場合)

つまり、夕方の20時に食事をしたなら、次の日の20時までは食事をしない、ということですね。

どうしても、24時間が無理な人は、16時間間隔で、ファスティング期間を長く継続すると良いでしょう。

これは、最速で体質を替えるにあたってのプランなので、かならずしも、24時間、16時間という間隔を守る必要はありませんが、ファスティング時間が短いと、その分、月日も必要だということは、覚えておいてくださいね。

それと、間接的なファスティングの場合、食事を食べることはできますが、ファスティングをしない期間でも、食べる食材には意識を向け、糖質の塊でできている食材は避けてください。

目的は脂質体質になるためですから、糖質の塊ばかり食べていては、ずっと糖質体質のままで、いつまでたっても改善されません。

僕の参考図の場合だと、火曜日、木曜日、土曜日ですね。ちなみに、僕は朝食をとるという習慣はありません。

ですから、ファスティング期間中と、同じメニューになってしまっているだけです。(笑)

では、今回の記事をまとめます。

STEP.2:アクションプランを練る・vol.2まとめ

・脂質やタンパク質をお腹一杯になるまで食べる

・炭水化物で活動していたエネルギーを補うため

・間接的なファスティングを取り入れる

・食事の間隔は、16時間~24時間が理想

・間接的なファスティングをしない日でも、食材を意識する

・ただし、間接的なファスティング期間から体質が替わるまでに個人差あり

・セシル現る

と、いうことでしたね。

次の記事では、体質改善チェック、ファスティング時の空腹対策、薄毛が進行している人、していない人どちらにも共通するメリットなどを紹介していきます。

いよいよ、次の記事でメインコンテンツも最終章です。

TOBI
最後まで読んでいただきありがとうございます。では、またお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

27歳でAGAを発症する。 日々ひたすら悩むことしかできなかったがある人物の一言で薄毛治療を開始。AGAクリニック3社・大手育毛サロン1社・個人輸入を経験し今に至る。 薄毛改善方法や薄毛との向き合い方を書いています。