プロフィール

薄毛克服の定理

うすオレ。

なぜ薄毛克服の定理として活動を始めたのか?

これからなぜ僕が薄毛克服の定理を始めようと思ったのか、その思いをお伝えしたいと思います。

27歳でAGAを発症

当時、僕は27歳で頭頂部とM字の部分が見事にハゲてしまいました。 僕の父親はハゲていなかったので、自分がまさかハゲるなんて疑ったことはありませんでした。

それも27歳という若さで・・・

当時は、ショックを通り越して絶望を感じていました。はずかしい話なんですが、20代の頃は髪の毛には、すごくこだわりを持っていて、月2回は美容室に通うぐらいでした。

「ハゲたらスキンヘッドにする!」

と指名している美容師さんに豪語していたぐらいです。

ハゲになったのがきっかけで性格が変わる

ハゲになったのがきっかけで、性格はネガティブな方へ・・・

1つのきっかけでここまで、人の性格は変わるのかというぐらい、僕の性格は変わってしまいました。
外出は必要最低限になり、知人、友人が誘ってくれても断る日々で、仕事の付き合いもなくなり、ほとんど外に出なくなりました。

そして、外に出るときは常に視線を気にする毎日。この時、はじめて薄毛の悩みは“辛く残酷な”ものだと感じました。もちろん、すべての人がこのような感情を抱いているとは思っていません。思っていませんが、27歳の僕には、それ以外で表現することが無理でした。

髪を生やすための決意をする

最初の頃は、友達や会社の同僚から飲みの誘い、遊びの誘いなど声がかかっていたのですが、断るばかりでしたので、次第に連絡もなくなりました。あげくのはてに、家族との関係も悪化しました。

『このままでは自分の性格が完全に崩壊する・・・』

そんな危機感から、髪を生やすための行動を起こします。

最初にやったことは、ネットで人気のある育毛剤と育毛サプリのセットを買いました。実施したのは、約5ヶ月間。全く効果はなく、むしろハゲが進行したぐらいですした。

次に行動を移したのが、「情報を集めること」です。

出勤中、仕事の休憩、、帰宅中、寝る時間、間際まで、すべての隙間時間を情報収集にあてました。情報収集にあてた時間は約2週間。僕がここまで情報収集に時間を使ったのは、単純な理由です。

1.どうせお金を払うならミスりったくなかった

2.ある程度、自分の症状を理解しておいたほうが良い

この2つでした。

いざ、クリニックへ

僕の地元には、AGA治療で有名なクリニックがありませんでした。そこで、片道1時間30分かけ、クリニックへ通院することになります。

はじめてのクリニックの受診は、結論をいうと最悪でした。まず、受付の待合室に入るとめちゃくちゃ女性が多いことにびっくりしました。

さらに、診察の医師が女性。

とどめの一撃は、事前に情報収集で調べておいた症状を宣告されました。覚悟はしていたのですが・・・。
ですが、ここで諦めたら、あの惨めな元の僕に戻ってしまう。

「髪をとりもどしたい!」

その想いが勝り治療を開始しました。

クリニックに通う意味って?

僕は約1年間クリニックに通いました。 通院した結果、髪は薄毛が気にならないほど見事に回復しました。
変わり果てていた性格ですが、髪をとりもどしたおかげで完全に元の自分に戻っていました。

もちろん、会社の同僚や友達の誘いも断ることもなく、溜まっていたストレスを発散させていました。

ですが、ここで一つ問題がでてきたのです。

クリニックに通わなくても圧倒的に安い費用で、薄毛を治療できることを知ってしまったのです。それが海外から取り寄せるという方法でした。

クリニックで治療すると、1年も通院すればそれなりにコストがかかります。この出費をずっと続けていくことになるのか、もう少し安くならないのかと考えていた時に、知った情報なので非常に興味が湧きました。

しかし、その方法で治療する決意は、すぐに決められものではありませんでした。なぜなら、その方法は“すべてのリスクを、自分自身”で負わないといけないからです。

そこで、僕は新しいクリニックを調べた結果、今のクリニックより安い治療料金が記載されている場所を見つけ、無料カウンセリングを受けにいきました。

しかし、説明を聞き終わると記載されていた料金は、実は治療のごく一部の料金でした。総合的に見ると無料カウンセリングを受けに行ったところの方が、断然高い結果だったのです。

そこから、何件かクリニックを回りましたが、聞いてもいないオプションの説明や専門用語の乱用が多いところばかりで、

正直、「なんやねん」と思ったほどです。

ですが、何件か回ったことで、わかったこともありました。クリニックよって、こんなにも料金体系や治療薬についての説明が違うものなんだと・・・

いっそのこと自分でやるか、と思いました。

だけど、せっかくお金をかけてまで取り戻した髪の毛を『失ってしまい』元のネガティブな 自分に戻ってしまうんじゃないかという不安もありました。

でも、クリニックの治療薬をやめました。僕にとってクリニック通うメリットがなくなったからです。

どうせやるなら1からスタートする思いで、坊主にすることを決意しました。

個人で治療を開始して6ヶ月で結果をだす

結論をいえば、数年後クリニックへ通い治すことになります。予期せぬ副作用がでたりしたからです。ですから、大した知識もなく、覚悟もない人は安易に個人で治療をするのは避けるべきでしょう。

しかし、あの頃の僕は、来る日も、来る日も、あらゆる時間を薄毛改善のためだけに時間を使いました。
その結果、6ヶ月で結果をだすことができました。

もちろんすべでが、思い通りに行くことはありませんでしたし、紆余曲折もありました。
ですが、自分で髪の毛を取り戻した時の興奮は、

『クリニックに通院しなくても生える』

という興奮状態の連続の嵐でした。正直、クリニックに通って払っていた、お金がアホらしく感じるぐらいでした。

このことがきっかけで、僕に完全にスイッチが入りました。薄毛改善を徹底的にしてやると。

残念な現実

調べれば調べるほど、薄毛改善の難しさを知りました。

これについては、薄毛の進行を完全に止めるという方法が、存在しないので納得できました。

だけど、あまりにもいい加減な情報がネット上に出回っている現実も知りました。

・薄毛コンプレックス者を獲物にした劣悪やり口。

・誇大広告で根拠のない商品を販売している会社

・それを信じさせられてしてしまう人

・将来薄毛になるかもと不安に思っている人。

いろんな人たちがいるのを知りました。

薄毛克服の定理を伝えていく活動を開始

僕は現在32歳です。
当時の僕みたいに若くにして薄毛に悩んでいる人や、薄毛の悩みを抱えている人たちに、僕の体験談や情報を共有していく中で、「僕に出来ることがある」という確信を持つようになりました。 いや、僕にしかできないことです。

僕は薄毛に関する情報を集めることや、伝えることには一度も手を抜いたことはありません。

常に『全力投球』です。情報を集めるためなら、海外の論文からでも情報を集めてきますし、クリニックでは教えてくれない情報も惜しみなく提供します。

薄毛を改善し人生をもっと豊かにしたいと思っている方々に、その方法や情報をお伝えし、『薄毛の悩みは乗り越えることができる』ということを知ってほしい。という思いが、薄毛克服の定理をするきっかけになりました。

僕自身、まだまだ学ぶことはたくさんあります。 また、僕の知らないことも薄毛で悩む方々から教えてもらうこともあります。

悩みを相談することや共有することは「決して恥ずかしいことではない」
と僕は思っています。

僕のメッセージに少しでも共感してくれるのなら、薄毛克服の定理を一緒に伝えていきましょう。

少し長くなりましたが、最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

うすオレ